CULTURE

社風・文化

働く社員を応援する社風「仲間第一主義」

日本シグマックスは、5つの経営姿勢を掲げています。その一つが「仲間第一主義」。私たちの使命に共感し、お客様に感動を与え、切磋琢磨し成長する仲間を大事にする。仲間一人ひとりが働きがいを感じながら働いてほしいという想いを持っており、スキルアップやキャリアアップに関する支援だけではなく、プライベートを充実させる制度まで整えています。『誰かの人生を応援したい』という気持ちは、社員に対しても同じ。これからも時代にあわせて各種制度を整備していきます。

制 度

  • 01 社員の成長を促す研修制度
    「社員一人ひとりの成長があってこその会社の成長がある」という考えから、様々な研修制度を準備しています。
    全社教育プログラムとしての階層別の研修制度、各部門教育計画による教育訓練のほか、各種スキル・資格の取得を支援する自己啓発研修などの制度があります。社員はこの制度を利用して「TOEIC」「販売士」「TES(繊維製品品質管理士)」などの資格取得を行っています。
    イメージ画像
  • 02 自らのキャリアデザイン実現を支援する制度
    一定の経験を積みスキルを身に着けた社員に、自身の次なるキャリアを経験する機会を与える、「FA制度」「2WAYリロケーション制度」を設けています。
    また社員自身の考えを定期的に把握する「キャリア調査」を通じて、一人ひとりに合ったキャリア構築ができる環境を目指しています。
    イメージ画像
  • 03 その年一番頑張った社員を、マネジャーの投票で選ぶ「ファインプレー賞」
    当社には会社の評価制度による年間褒賞のほか、中間管理者であるマネジャーの投票によって“その年一番頑張った社員”を選ぶ制度(ファインプレー賞)があります。
    「ファインプレー賞」は単に売上に与えた影響だけでなく、業務改善や、ピンチにおいての頑張り、社内風土の向上など様々な理由により推薦することができます。
    イメージ画像
  • 04 自分で立てた目標で自らを管理する。結果だけでなくプロセスも重視する
    当社では社員の成果・業績と行動の2側面を評価しますが、成果業績面については活動目標を6か月単位で、上司とのすり合わせのもと社員自身が設定します。また成果に至るプロセスも行動面として評価します。
    イメージ画像
  • 05 仕事とプライベートを充実させ、相乗効果を生む
    ノー残業デーの設定と運用を通じて、オフの時間をより充実させることを推奨しています。また有給休暇の積極的取得を進める「アニバーサリー休暇」など、社員は家族との貴重な体験や、社外の方々との交流、社員同士の親交を深めるなど、様々な過ごし方でこの制度を利用しています。
    イメージ画像
  • 06 出産・育児の支援
    社会の元気を創造するという理念のもと、3人目のお子さん出産以降は会社のお祝い金を増額する多子支援制度を設けています。また産前・産後・育児休暇、時短勤務などの制度を充実させ、社員とそのご家族の生活を応援しています。
    イメージ画像

感 謝

  • 01 長く勤めた社員にありがとうの気持ちで労う「永年勤続表彰」。
    勤続10年と勤続20年を迎えた社員には、「ありがとう」の気持ちを込めて、旅行券と長期休暇を差し上げています。社員はご家族への感謝の気持ちとともにそれぞれ大切な思い出を作っています。
    イメージ画像
  • 02 社員のコミュニケーション向上と健康増進に向けて。
    不定期ですが全社員による社員旅行をこれまで何度も行っています。年に一度の全社会議「キックオフミーティング」では全国の社員が一堂に会しその年の計画と目標を共有し、親交を深めます。
    また社内報や社員向ポータルサイトなどの社内メディアを通じて、他部門や他事業部の情報をタイムリーに共有。野球部をはじめバレー、サッカー、ゴルフサークルの活動も支援し、社員同士でも“身体を動かす喜び”を分かち合っています。(H30年度スポーツエールカンパニー認定)
    イメージ画像

取り組み

  • 01 仕事の環境をより快適にするための取り組み。
    当社ではデスクワーク中の服装を、夏季のクールビズスタイルに限らず基本的に「通年ノーネクタイ」といたしました。また定期的にストレスチェック調査を行い、職場環境のアセスメントに努めています。
    イメージ画像
  • 02 健康に携わる者として、正しい知識の習得を。
    当社社員は医療事業においても、スポーツ・ウェルネス事業においても、ケガや障害に関わる正しい知識をもとに活動することが求められます。医学知識については専門のテキスト・プログラムを備えて「基礎知識」を習得することを必須としています。
    イメージ画像
  • 03 社員による経営参画を求めます
    当社ではミッションステートメントに「オープンでフェアな経営」を謳っている通り、ほとんどの経営に関わる情報を社員にオープンにしています。
    また年に一度の全社会議「キックオフミーティング」の企画運営は、毎年選抜された社員が中心となって進めます。このほかにも社員代表による「社員会」や、各種委員会・プロジェクトチームの活動など、所属部門業務以外で会社に様々な提言・提案を行い、社員みんなが「エクセレント・カンパニー」になることを目指し活動しています。
    イメージ画像

オフィス

  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像